Show more

MacBook で YouTube 再生中に Raspberry Pi に Bluetooth 接続すると、接続直後は 1,200 ms くらい音声に遅延があるけど、映像も音声も乱れることなく徐々に遅延が 100 ms 以内に収まってくる

これが茹でガエルの法則ってやつなのか?

pacmd list-sink-inputs | grep -c 'state: RUNNING'

0 なら音が流れていない、1 以上なら何かしらの入力装置から音が流れている

Bluetooth トランスミッターと Bluetooth ヘッドフォンの間のコーデックは aptX HD だと思う (どっちも対応してるから) んだけど、音楽流すデバイスと Raspberry Pi の間のコーデックが何になってるのかわからない

どうやって調べるんだろう

おまけに

音楽流すデバイス → (Bluetooth) → Raspberry Pi → オーディオインターフェース → Bluetooth トランスミッター → (Bluetooth) → Bluetooth ヘッドフォン

っていう音の流し方してるから、Bluetooth オーディオの遅延が 2 倍発生する環境なんだよね、、、

たぶんソニーの考え方的には遅延よりも音質の良さで推していきたいんだろうけど aptX と aptX HD はそのまま残しておいてほしかったな

というか本当は aptX LL が良いんだけど、ソニー以上にノイズキャンセリング性能が良い Bluetooth ヘッドフォンがないので aptX , aptX HD で妥協してるって感じ

うわさによると LDAC は aptX, aptX HD よりも遅延が大きいらしいんだけど実際どうなんだろ

個人的には遅延の少なさも重要視してるから WH-1000XM4 よりも WH-1000XM3 のほうが良かったり

WH-1000XM4 は aptX, aptX HD には対応していないな

WH-1000XM3 の完全上位互換ってわけでもないのか

sony.jp/headphone/products/WH-

それはさておき、今接続されているコーデックが何なのかを確認する方法ってあるんだろうか

以前、仕様を見たときは WH-1000XM3 は LDAC 非対応だった記憶があるんだけど勘違いだったのかな

あれ? WH-1000XM3 って LDAC 対応してたの?

今販売されているやつじゃなくて、初期ロットから対応してた?

sony.jp/headphone/products/WH-

対話式コマンドを自動化するのどうやるんだろうと思ってたけど expect コマンドってのがあるのか

qiita.com/ine1127/items/cd6bc9

あと当たり前なんだけどテレビだと一時停止とか巻き戻しとかできないのがちょっと不便だなと思ってしまう

YouTube 病なのかなw

久しぶりにテレビ見たけど広告多いなw

まあ YouTube では広告見てないからそう感じるんだろうけど

Show more